すね毛を薄くしたいのなら脱毛がいいですよ

すね毛はムダ毛の中でも特に濃くて太い毛が生えていますね。
すね毛が濃くて気になっている人は脱毛をすれば薄くなります。
脱毛器を使った脱毛をする必要があるので除毛クリームやブラジリアンワックス脱毛などではダメです。

美容クリニックで医療脱毛をするか、脱毛サロンでIPL脱毛(光脱毛)するか、本格的な家庭用脱毛器でセルフ脱毛するかの3択となります。

美容クリニックでの医療脱毛は永久脱毛とも呼ばれ、脱毛効果は一番高いです。
しかし医療脱毛を行える美容クリニックは東京都心などに多く、それ以外の地域にはまだあまりなかったりします。

脱毛サロンはミュゼプラチナムなどのように全国展開しているものも多く、通いやすいですが女性専用がほとんどなので男性の場合には男性専用の脱毛サロンを探して通う必要があります。
全国展開している男性専用脱毛サロンにはメンズTBCなどがあります。

自宅でセルフ脱毛をするには脱毛サロンの脱毛器に近い本格的な脱毛器を買う必要があります。
その一つがケノンという脱毛器です。
通販サイトで買えるのですが、とても評判が良く男性の愛用者もいます。
光脱毛方式なので何度も照射していくうちにだんだんすね毛が薄くなってきます。

IPL脱毛(光脱毛)の場合には10回も照射すればほぼすね毛が気にならないくらいになってくると思います。

医療脱毛の場合はもっと少ない回数で済むかもしれません。

脱毛は毛周期というものを考えながら行うため、一度照射した部分にもう一度照射するのは1ヶ月~3か月後になります。
そういうわけで脱毛を始めてから、10回以上照射するには1年以上はかかります。
しかし、何度も照射していけば間違いなく薄くなってくるので、1回や2回で効果を感じないからといってそこでやめてしまうのはもったいないです。

美容クリニックや脱毛サロンですね毛(ヒザ下)をきっちりと脱毛する場合には数万円はかかるはずです。
せっかく契約しても、いつも混雑しているところだと予約が全然取れずに通えないまま時間が過ぎてしまうので、そういう部分ではケノンの方がおすすめです。
ケノンも決して安い値段ではありませんが、自分の都合に合わせていつでも使いたい放題ですし、すね毛以外にもほぼ全身に使えますからね。
興味があれば下記のサイトをチェックしてみるといいですよ。

すね毛 薄く

安全面の観点から日本製のカラコンを探している人

カラコンを買うときに真っ先に気になるのが「安全性」ですね。
やはり「日本製」に安心感を感じる人も多く、安全なカラコン=日本製のカラコンと思っている人も多いでしょう。
まず「日本製」についてですがたとえ日本のメーカーのカラコンでも製造工場が海外にあり、その海外工場で製造されたカラコンであればそれは日本製ではありません。
時々これを勘違いしている人がいて、ネットでも海外の工場で作られた日本メーカーのカラコンを「日本製カラコン」といっている人がいます。
しかしそういう場合には「日本製」とは呼びませんので覚えておいてください。

今のところ日本製のカラコンはフォーリンアイズとトラスティトラスティの2メーカーからのみ発売されています。
2メーカーといってもこの2メーカーは運営会社は同じで、公式サイトのデザインもよく似ています。

種類が豊富なのはフォーリンアイズですね。
フォーリンアイズの場合には「フォーリンアイズプレミアム」というネーミングのカラコンが日本製のカラコンです。
着色直径が小さめのカラコンや逆に大きめのカラコンにも日本製があります。
ただ、日本製のフォーリンアイズプレミアムのカラコンは現在1ヶ月交換タイプのみの扱いで、フォーリンアイズのワンデーカラコンは日本製ではありません。

トラスティトラスティの方はまだ出来たばかりのメーカーということもあり、大きめサイズの1ヶ月交換タイプのカラコンが3種類あるだけです。
しかし、値段はフォーリンアイズプレミアムよりも安いです。

予算に余裕があればフォーリンアイズプレミアム、値段重視ならトラスティトラスティという選び方になると思います。

 
参考サイト:日本製のカラコン